加藤鈴木

    褐色 漫画 褐色 二次 褐色肌 褐色 同人 褐色 アニメ褐色 褐色 動画 褐色 キャラ 茶褐色 僕とお母さんは、大勢の地域のお母さんとその子供達からなる、サークルに入会している。そのサークルに名称は無く、主な活動内容は…。『サークル内のお母さん、子○たちは自由にセックスを楽しむこと。』いわゆる、乱交サークルである。僕が入会したきかっけは、僕の携帯に届いた一通の誤送信メールだった。そこには、僕のクラスメイトとセックスを楽しむ動画が添付されていて、僕はそれを見てしまった…。翌日、学校に行くと、サークルにに入会しないかと誘われ、僕は入会した。そして今日の午前、茂森さんと自分の部屋でセックスをしていた僕は、彼女から僕のお母さん、高橋莉緒子がこのサークルに入会したきっかけが、サークルの創設者らによる○辱だったと教えられる。茂森さんとの性行為を終えた僕は、一階の居間に向かった。そこには、畳に横になり昼寝をしているお母さんの姿があった。僕は、眠っているお母さんの豊満な胸に欲情してしまい、つい、悪戯をしてしまう。当然、お母さんは起きてしまう。怒られたしまうかとビクつく僕、高橋友和はお母さんから意外な提案を聞くことになる。おまけとして、高橋友和の母親、高橋莉緒子がサークルに入会せざるを得ないきっかけとなった、サークル創設者の男子三人組に凌辱されてしまうお話を付けました。褐色の母親・莉緒子の肌がまだ白い頃のお話です。
    【【[同人]】僕とお母さん 夏休み、7月28日、午後【加藤鈴木】】の続きを読む

    息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 アキラ君のお母さんの和江さんは、ごく普通の主婦だ。しかし、彼女の過去の経歴が原因で、今ではアキラ君の同級生の健一郎君に膣内への射精を許している。今日も彼女は健一郎君の命令で、アキラ君の傍で変態行為をします。そして、いつも通りのセックスが始まるかと思えば、向かった寝室に二人の女性がいました。その女性らの名前は、かな子さん、藤子さんです。和江さんのお母さんとお義母さんで、アキラ君のおばあちゃんです。健一郎君は三人とセックスをすることにしたのです。一方、お母さんとおばあちゃんたちが健一郎君に犯されている間、アキラ君がすることといえば・・・。
    【【[同人]】母は隠し、僕は知らない振りをする。【加藤鈴木】】の続きを読む

    このページのトップヘ