主婦 清楚 漫画 女子大生 清楚 漫画 美少女 清楚 漫画 無料 美少女 清楚 漫画 おすすめ 無料 清楚 漫画 色白 黒髪 清楚 漫画 黒髪 清楚 二次元 同人誌 清楚 かわいい 清楚 漫画 スレンダー 清楚 漫画 僕は、突然の雨に降られて、地下通路に駆け込んでいた。少しだけ雨宿りをして、様子を見ることにし、少し落ち着いてきた時……。通路の奥の方で何か聞こえてきた。人の呻きだろうか。地下通路の奥から聞こえるのは、女性のただならぬ声。(まさか……こんなところで?)いくら人通りが少ないとはいえ、真昼間からふしだらなことをするなんて大胆すぎる。(ほ、本当に……えっちなことをしているのかな……?)僕は、足音を忍ばせながら階段を下りて行った。息を殺して通路の奥を覗き込む。(うわっ……。本当にしていたっ)あおむけになった男の上に女がまたがり、腰をふっていた。その女の人は激しく尻肉を弾ませている。二人とも衣服は身に着けているので、結合部そのものは見えないが、間違いなく男女の行為におよんでいるはずだ。人通りが少ない地下通路とはいえ、誰に見られるとも知れない公共の場で交わっているとは……。「もうっ……限界ですっ」女性の淫奔な腰づかいに、男の方が音を上げる始末だ。「まだよっ、もう少し……。若いんだから、もう少し我慢なさい……」男をたしなめる女性の声を聞いて……ふと僕は思った。(あれ……この声、どこかで聞いたことがあるような……)はっとした。『どこかで聞いたことがある』どころではない。毎日聞いている。(ママっ……)「ああぁ……んあぁ……んはぁっ……あんっ……。いい……若くて元気な『男』……とってもいいわっ」いたたまれなくなった僕は、その場から駆け出していた。