息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 それは、ある日の夜の事だった。『おかえりなさ~い』近くに住んでいる幼馴染みの女の子――宮辺佐夜(みやべさや)。母さんが死んじゃってから、父子家庭の我が家。なぜだか知らないけど、佐夜がうちに来てなにかと手伝ってくれていた。いやまあ、幼馴染みの俺のためなんだろうけど。今日は自分の家に帰らず、泊まっていくらしい。家は近所なんだし今からでも帰れるはずなのだが、よくあることなのでもう何とも思わなくなっていた。そして、深夜2時過ぎ。俺は、尿意のせいで目が覚めてしまった。トイレに行こうと思い、足を忍ばせそっとドアを開ける。『ぁっ……ぁんっ……んんっ、ひゃっ、ぁんっ』廊下に出た途端、微かに声が聞こえてきた。父さんの部屋からか?こんな時間に何をしているんだ?興味が湧いて更に足を忍ばせて歩くと、父さんの部屋のドアをちょっとだけ静かに開ける。「ぁんっ、凄い気持ちいいっ……ダメ……声出ちゃう……っ」なんだよ、これ!?なんで父さんと佐夜がセックスしてるんだ!?目の前の光景に頭が狂乱状態になる。佐夜は俺のことが好きだったはずなのに。今まで俺に隠れて2人でイチャイチャしていたのかと思うと、無性に腹が立ってきた。ちょっと前まで抱いていた佐夜への愛情が、どんどん憎しみに変わっていく。見てろよ……絶対このままじゃ済ませないから……。