エロ人妻漫画 人妻漫画無料 無料人妻漫画 巨乳人妻漫画 爆乳人妻漫画 強姦人妻漫画 無料アダルト人妻漫画 レイプ人妻漫画 アダルト人妻漫画 淫乱人妻漫画 「あなた達、くだらないこと話してないで、ちゃんと働きなさい!」鋭い視線のこの女性は、店の店長でオーナー夫人の音谷夏奏。彼女は単に気が強いだけじゃなくて、自分の考えを曲げない人というか、店の方針に関して周りの意見を全然聞いてくれないのだ。しかも上手くいかないのは自分以外の人間のせいだと思って、SVの俺やバイトの者達にあたってくるのだから始末に負えない。仕方なく苦笑いを浮かべて誤魔化して、彼女が店長室に入ってから数時間。時計を見るとだいぶ夜も遅い時間になっていた。そろそろ帰ってもいいだろう。一応声だけはかけておこうと、店長室のドアに近づく。『っ……んんっ……んっ……っ……んっ……ぁん……』なんだこの声は?ドアをノックしようとして、中から変な声が聞こえてくることに気づく。そのイヤらしい雰囲気に、思わず気配を殺してしまう。なんでこんな声が……中で何をしているんだ?不審に思い、そっと扉を開けると、そこには……